同志社大学社会福祉教育・研究支援センター Doshisha Education Research Center of Social Welfare同志社大学社会福祉教育・研究支援センター Doshisha Education Research Center of Social Welfare

定例カンファレンス案内
お問い合わせ

定例カンファレンス案内

カテゴリー 【開催報告】

秋学期 定例カンファレンス報告

卒業生のみなさまへ
 
 今年度も多くのみなさまにご参加いただきました。ありがとうございました。秋学期に開催されましたカンファレンスをご報告させていただきます。

●10月16日木曜日 19時~21時  特別講座
「第1回 ケアカフェばざーる」(ケアカフェ体験と講義)と題し、北海道旭川の地発症のケアカフェについて学びました。いつもの新町キャンパスからバザールカフェに会場を移し、ワールドカフェ方式の対話の手法を用いた多職種連携をはぐくむ手法の一つを学びました。ゲストは、内島みのり氏(国立病院機構旭川医療センター看護師、ケアカフェ実行委員会 派遣開催支援カフェマスター)をお招きしました。40名を上回る参加者が集まりました。

●10月25日土曜日 15時~17時  出張講座
毎年恒例大阪サテライト教室にて出張カンファレンスを開催しました。講師は空閑浩人先生が実習訪問の合間にかけつけて下さり、「困難事例から学ぶソーシャルワークー2時間後には見方が変わる?!」というテーマにそってワークショップを開催しました。今回は大学院修了後社会福祉現場で働く修了生も参加してくださいました。

●11月12日水曜日 19時~21時 定例会
春学期好評を得たマーサ・メンセンディーク先生に再度登場していただき、「多文化ソーシャルワークー事例を通して考えるーパート2」を開催しました。日本で暮らす外国籍の方々の直面する制度的現状等のミニレクチャーを受け、いくつかのビネットを用いた研修に取り組みました。

●1月21日水曜日 19時~21時 定例会
空閑浩人先生による「ソーシャルワーカーの当事者研究 パート2」を開催しました。一般医療機関で勤務して5年をもうすぐ終えようとしている卒業生が発表を担当しました。

●2月14日土曜日 10時~17時 共催企画
同志社社会福祉学会実践研究プロジェクト主催「社会福祉実践研究にチャレンジするーアルコール依存症者のリカバリーを支援するソーシャルワークー」に共催し、定例カンファレンスにいつもご参加いただいている卒業生もたくさん参加してくださいました。講師は稗田里香氏(東海大学健康科学部准教授)をお招きし、研修ファシリテーターを左右田哲氏(北里大学病院医療ソーシャルワーカー)と野村裕美(本学教員)が担当しました。当日はさまざまな福祉分野のソーシャルワーカー、保健師、教員、院生、学部生、断酒会家族の会などから40名の参加を得ることができました。

●3月11日水曜日 19時~21時 定例会
野村裕美による「私のケース討議(ケースメソッド討議)」を開催しました。毎年「私のケース討議」では、社会福祉現場で働き始めて3年までの方にケース作成を御願いし、参加者みんなで討議の素材として使った討議を行います。今回は、精神科クリニックに勤務して3年の卒業生と、公務員福祉職として勤務して20年の卒業生に作成を御願いしました。

次年度も開催します。多くの卒業生がいつでも立ち寄れる場つくりを目指します。

2015年4月3日 更新 カテゴリー:開催報告

春学期 定例カンファレンス報告

卒業生のみなさまへ

  いつもカンファレンスにご参加ご協力いただきまして誠にありがとうございます。今年の春に開催されましたカンファレンスをご報告させていただきます。

●4月23日水曜日 19時~21時
「ビネットを用いたシナリオ演習 1回目」ということで、野村裕美が担当しました。3チームにわかれ、まずビネットを作ります。そのビネットをチームごとに交換し、1ヶ月かけて、そこに描かれている人はいったいどのような人なんだろう・・・ひたすらに類推し、想像し、分析してくるという演習です。フィールドワーク・文献検索・グループ会議の3つを条件に、取り組みました。

●5月28日水曜日 19時~21時
「ビネットを用いたシナリオ演習 2回目」を開催しました(担当 野村裕美)。職場が違うメンバーで、何とか連絡を取り合い、時間をつくりながら、作業をすすめた発表会が開催されました。たった5行程度の短い事例(ビネット)から、現任で働く参加者のまとめてきたプレゼンテーションはどれも聞き応えがありました。発表会だけの参加の人もいましたが、発表後の議論も深まる試みとなりました。

●6月11日水曜日 19時~21時
「ソーシャルワーカーの当事者研究」を開催しました。空閑浩人先生が担当し、知的障害者のデイサービスで働く卒業生が自らのこれまでの実践家の歩みをふりかえることからはじまりました。モデルとなる先輩がそばにいること、先輩がただいるだけでもだめで、自らが学ぼうとすることで実践生活に風穴があいていくプロセスがあったこと。5年間の歩みを参加者全員でたどりながら、参加者それぞれが学びを持ち帰ったことかと思います。

●7月23日水曜日 19時~21時
「多文化ソーシャルワークー事例を通して考えるー」を開催しました。今年度よりマーサメンセンディーク先生にもご協力いただき、満を持しての登場となりました。前半は、日本における外国籍の方たちの生活で起こっている実例をいくつもレクチャー受けました。後半は、自分にとっての文化とはをダイアログでゆっくり深め、ビネットを用いて、そこに描かれている登場人物の痛みを模造紙に絵や文字でひたすら書き出していくアクティブな演習に取り組みました。

秋学期も引き続き開催していきます。卒業生であれば、どなたでも参加できます。ご来場を心よりお待ちしております。

※同志社大学社会福祉教育研究支援センター定例カンファレンスのメーリングリスト、facebookページもあります。
 (お問い合わせ 野村 ynomura@mail.doshisha.ac.jp)

2014年10月3日 更新 カテゴリー:開催報告

7月特別講座 開催報告

 去る7月31日、本学心理学部早樫一男教授をお招きし、「家族造形法による事例検討 第二回目」を開催しました。

 「今度、早樫先生が来られたときには、事例をぜひとも提供したい」との希望者が多く出る中、精神科医療の現場で働くソーシャルワーカーが担当することとなりました。「何か心にひっかかっているケース」を、仲間の手を借りて、登場人物を粘土で描き、その粘土の彫刻(参加者)をいろいろな位置や角度で置いてみて、自分の見立てを振り返る貴重な時間。

 ケースを担当している自分が、このケースをどう眺めているかが丸裸になっていくプロセスは、参加者の協力と、事例提供者の勇気がなければいいものにならないことを実感。今回も早樫先生が参加者全員が安心して事例検討に望める舵取りのもと、体と頭と心を動かしてリフレッシュする貴重な時間を得ることができました。お忙しい中講師に駆けつけてくださいました早樫先生、本当にありがとうございました。

まずは家族造形法に方法についてのレクチャーから始まりました。しかし何より「体験してみるのが一番いい」と早樫先生。早々に事例検討に移りました。

 

合間合間に、登場人物からのフィードバック、観察者からのフィードバックを丁寧に時間をかけてはさんでいきます。

もしかしたら、支援をしている人たちから、支援をしている自分はそんな風にみえるのかも。目からうろこのやりとりが続きます。事例提供者も自分の心に湧いた気持ちをその場で披露していきます。

2時間があっという間に過ぎていきました。体を動かすので、なぜか終了時は軽い運動をして汗をかいたような、そんな爽快感すら感じています。

参加者:8名

内容:①家族造形法について学びました ②家族造形法を用いて実際に事例検討をしてみました 

2013年9月17日 更新 カテゴリー:開催報告

Page 1 of 812345...Last »