このページの先頭です

同志社大学社会福祉教育・研究支援センター Doshisha Education Research Center of Social Welfare同志社大学社会福祉教育・研究支援センター Doshisha Education Research Center of Social Welfare

定例カンファレンス案内
お問い合わせ

内外共同研究・交流事業の実施内外共同研究・交流事業の実施

[PDFファイルは別ウィンドウで開きます。]

同志社大学社会福祉教育・研究支援センター 2018年度連続公開セミナーPaty2

2018年 9月29日(土)〜 12月8日(土)

同志社大学社会福祉教育・研究支援センター 2018年度連続公開セミナーPart2

NEW

大会テーマ貧困問題と就労自立支援サービス再考

●午後2時〜4時20分 ●事前申込不要 ●参加費無料 ●当日会場まで直接お越しください。

9月29日(土)【良心館413号室】
   田中弘美(同志社大学研究開発推進機構及び社会学部特任助教)
   ライフチャンスと社会的投資論ーイギリスの議論を中心に

10月13日(土)【良心館410号室】
   山村りつ(日本大学法学部専任講師)
   貧困のなかの障害者、障害者のなかの貧困-社会構造の壁と就労支援の意味

10月27日(土)【良心館413号室】
   中野謙作(一般社団法人 栃木県若年者支援機構(通称しごとや)代表理事)
   若年者支援と就労

12月8日(土)【良心館410号室】
   高橋尚子(京都自立就労サポートセンター主任相談支援員)
   畑本裕介(同志社大学政策学部教授)
   京都での就労訓練事業(中間的就労)の試み-その効果と測定をめぐって

2018年9月1日 インクルーシブリサーチ公開研究会(入所施設の歴史を語る:障害のある本人との共同研究の取り組み)

2018年 9月1日(土)

インクルーシブリサーチ公開研究会
「入所施設の歴史を語る:障害のある本人との共同研究の取り組み」

NEW

●午後1時30分〜午後4時30分  ●開催場所:同志社大学今出川キャンパス 良心館 RY207

●参加申込 :「公開講演会(京都)参加希望」とお書きのうえ、お名前を下記までご連絡ください。
   E-mail:carecarelab2018@gmail.com

●関連情報はこちらのサイトでご確認ください。(大阪・東京・名古屋での講演情報など)
   http://caringsociety.net/lab/

●本研究会は、同志社大学社会福祉教育・研究支援センターと科研費助成事業(課題番号16K04216/京都府立大学・森口弘美)との共同開催です。

13:30 - 開会
   進行:小山聡子(日本女子大学教授)

13:40 - 14:50 講演
   Jan Walmsley(知的障害者の社会参加に関する教育・研究コンサルタント)
   【逐次通訳:田中弘美(同志社大学)】

15:00 - 15:40 日本の取り組み紹介
   中西正繁(ケアの文化研究 本人リサーチャー)

15:40 - 16:10 質疑応答

16:10 - 16:30 コメントまとめ

同志社大学社会福祉教育・研究支援センター 2018年度連続公開セミナー

2018年 6月23日(土)〜 7月28日(土)

同志社大学社会福祉教育・研究支援センター 2018年度 連続公開セミナー

 

大会テーマ貧困問題と就労自立支援サービス再考

●午後2時〜4時20分 ●事前申込不要 ●参加費無料 ●当日会場まで直接お越しください。

6月23日(土)【弘風館K33号室】
   堅田香緒里(法政大学社会学部准教授)
   対貧困政策の「自立支援」型再編の意味を考えるー「再分配」か「承認」か?

7月14日(土)【良心館413号室】
   後藤広史(日本大学文理学部准教授)
   生活困窮者支援とソーシャルワーク:就労自立支援サービスを中心にして

7月21日(土)【良心館413号室】
   池谷啓介(暮らしづくりネットワーク北芝事務局長)
   簗瀬健二(同ネットワーク北芝生活困窮者自立支援 就労支援担当スタッフ)
   パーソナルサポートサービスから生活困窮者自立支援、そして我が事・丸ごと地域共生社会ー若者の社会的つながりと社会参加を意識した就労準備支援ー

7月28日(土)【良心館413号室】
   桜井啓太(名古屋市立大学大学院人間文化研究科准教授)
   就労自立支援サービスの現在ー生活困窮者・生活保護の視点から

2018年2月1日 国際講演会(文在寅新政権の社会政策:韓国福祉国家の経路を変えられるのか)

2018年 2月1日(木)

国際講演会「文在寅新政権の社会政策:韓国福祉国家の経路を変えられるのか」

 

10年間続いた保守政権が終わり,新しく登場した進歩政権。「国民と共に国らしい国を作る」という目標を掲げた新政権は,どのような社会政策を構想し,どのような福祉国家を目指すのか。

●午後2時〜午後5時30分  ●事前予約不要  ●参加費無料
●開催場所:同志社大学新町キャンパス 渓水館1階会議室

講師金 淵明(韓国中央大学) 金 範中(関西学院大学)
司会埋橋孝文(同志社大学)
討論者武川正吾(東京大学) 李 蓮花(東京経済大学)
コーディーター・通訳金 成垣(明治学院大学)

PDFPDF

配付資料

金 淵明(キム・ヨンミョン)
(前文在寅政府国政企画諮問委員会 社会分科委員長、韓国中央大学社会福祉学科 教授)
文在寅新政権の社会政策:韓国福祉国家の経路を変えられるのか
[s_180201a.pdf 35ページ 2.6 MB]

ページの先頭へ